新築を建てるというのはある種のステータスであるので、誰もが憧れるものですよね。

新築で注文住宅ともなれば費用も掛かってしまうのでなかなか決断は難しいと思いますが、今はハウスメーカーなどからとても坪単価の安い注文住宅商品も出ていますよね。

ハウスメーカーなどで注文住宅を建てる場合には注意をする点もあります。

特にローコストを謳った坪単価の安い注文住宅などではなかなか施主の希望通りの家が建たない場合があります。

ローコスト系のハウスメーカーというのはコストを下げる為にある程度規定を作って、それにそった設計などをしており、設備機器なども選べる種類は少なくなっています。

もしどうしても拘り抜いた注文住宅を建てたいのであればハウスメーカーではなく工務店などに依頼したほうが良いかもしれません。

拘りの注文住宅を建てるのであればまず設計を一からする必要があります。

坪単価を安く設定してあるハウスメーカーではこの時点でまず設計を一からやり直すという事はあり得ません。

それはコストが余計に掛かってしまうからです。

自分の建てたい家によってハウスメーカーに頼むかそうでないかを判断すると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です